FC2ブログ

大邱チョンポサ殺人事件「殺人事件に銀行強盗」

11 16, 2019
韓国の大邱広域市で発生した殺人事件「大邱チョンポサ殺人事件」は警察の必死の追及の手からまんまと逃れてしまった容疑者が迷宮入りに持ち込んだ事件です。事件は2001年に発生、18年後の今もまだ容疑者の犯行の動機すら判明してはいません。


第1事件


2001年も後1か月を切った12月8日の事でした。 慶尚道北にある大邱広域市では道を行き交う人々もあわただしさを隠せません。

その日、チェ・ジュンソプ(男・66)さんは「知人と会う約束があるから」と言ってひとりで家を出ました。 しかし夫の帰りが遅い事を心配した妻は住宅の地下1階部分にある事務所に足を運びました。「もしかしたら事務所の中にいるのかしら?」

しかし妻が事務所のドアを開けようとドアノブを回すも内側から施錠されたままです。 「おかしいな?」と思いながらも妻がドアの新聞受けから部屋の中を覗き込みます。するとそこに夫が倒れている光景を目撃したのです。

慌てた妻は警察に122通報を行います。駆け付けた署員らが中に入るとそこに血まみれ状態のジュンソプさんが倒れていたのでした。彼の首は切り裂かれそこから大量の出血を伴っていたようです。 他にも全身のあちらこちらから血液が流れ出た様子が服の上からも伺い知れました。

部屋の中は特段物色されたような形跡も認められず、金庫2体も普段通りの状態でした。 署員が妻に「奪われた物は分かりますか?」と尋ねると妻は「事務所の中に飾ってあった猟銃2丁(散弾銃)が奪われています」と返答したのです。

これに慌てたのが警察です。「人殺しが散弾銃を2丁も奪って市中を逃亡している。これは大変だ!」という事で非常線を張るのですが犯人はその警察の追っ手を軽々と交わし何処かへと逃げ去ってしまいました。


刺された上に鉛の弾を撃ち込まれた被害者


警察は血まみれのチェさんの遺体を回収、司法解剖を行いました。するとチェさんの遺体には首の切り傷の他に腹やわき腹など7か所余りを突き刺されていた事が判明します。使用された刃物は狩猟用ナイフか軍用ナイフのような殺傷力の高い種類である事も分かっています。

その上、チェさんの遺体からは彼の所有していた散弾銃による攻撃を受けたと思われる痕跡が見つかったのです。その胴体には鉛の弾が複数打ち込まれていたのでした。

鑑識班も殺害現場となった事務所内をくまなく探してはみたものの犯人の物と思われる遺留品類は存在しなかったとされています。この事からも犯人は用意周到な計画を立てて実行に移したと思われます。


散弾銃を使った銀行強盗


ところが警察が一番恐れていた事が発生してしまいました。 チェさんの奪われた散弾銃を使ったと思われる事件が発生してしまったのです。







事件はチェさん殺害日の3日後となる12月11日の事です。 その日、大邱市達西(タルソ)区で散弾銃2丁を所持した銀行強盗事件が発生してしまいました。犯人はこの時覆面で顔を隠していた事から警察も犯人追跡に困難をきたしてしまいます。



https://youtu.be/zoOgSEV_AiE


11日午後3時過ぎ、押し込み強盗を働いた犯人は天井に向けて散弾銃を威嚇射撃、従業員らに対して「金をこのバッグに詰めろ」と叫びながら持っていたバッグを投げつけたのです。 これに恐れをなした銀行員は犯人の言う通りの行動を取らざるをえなかったのです。

この銀行強盗により犯人はまんまと1億2600万ウォンを奪取する事に成功しました。

犯人は逃亡の際、銀行員らに銃口を向けて威嚇、その場から姿を消しました。 銀行を出た犯人は裏口に止められていた白色の乗用車に飛び乗りその場から逃走していた事も後に判明しています。

その3時間後、同じ大邱市内の達城では集合住宅に設置されていた多層階駐車場の屋上部分で一台の乗用車が燃えているとの通報が消防に寄せられました。消防が消火に駆け付けるとその車は3時間程前に銀行強盗で使用されていた車と同一であると判明しました。



犯行当時の犯人の似顔絵


その車内には奪われた散弾銃2丁の他に実弾36発分、そして銀行強盗で使用されたバッグなどが残されていたのです。 警察がこの車の所有者を調べた所、この乗用車は数日前に盗難届が出ていた事もわかりました。 ナンバープレートは別の車から盗んだナンバープレートだという事も分かったのです。 犯人は余程頭のきれる人物だったようです。 行員の証言やCCTVの記録映像から犯人は男性で年齢は30~40代、身長は約170cmで小太り体系であると推測されたのです。



事件から18年が経過した今の犯人の似顔絵(予想)


警察は容疑者を探し求めますが検挙には至らず、そのまま時間だけが無駄に過ぎ去って行きました。 事件から早18年が経過した今も犯人は逃亡中です。 このようにしてこの事件は未解明事件入りしてしまいました。



Posted in 韓国
プロフィール

chopitonews

Author:chopitonews
海外の歴史的事件や重大事故を記録しています

最新記事