FC2ブログ

ドナウ川 マーメイド観光船衝突事故

06 01, 2019
2019年5月29日。 ハンガリーを流れるドナウ川で韓国人旅行者33名を乗せた観光船が他船と衝突、その際発生した衝撃で韓国人観光客が川に投げ出さる等により多数の死者行方不明者を発生させた事件です。




衝突




5月29日の夜。 マーメイド号は韓国人観光客33人と操船に必要なクルーズスタッフ2名を乗せた便を運航していました。 事故当時の天候は雨天でした。

そして彼らを乗せた観光船は船着き場を離れドナウ川の急速な流れに乗り出したのです。 午後9時頃、ブダペスト警察本部に一本の通報が寄せられました。
「ドナウ川で観光船が衝突事故を起こしたようだ」

警察の聞き取り調査によれば「観光船はより大きな他の船と衝突事故を起こし、その直後に船は沈没してしまった。」との証言を得ました。他の証言者によれば「衝突事故発生時に客3名が死亡。内1名はドナウ川に投げ出されていた。」といいます。この時、ドナウ川は降雨の影響で普段よりも川の水の流速が早かった事も分かっていました。

この場所でのドナウ川の水深は当日約5メートルでした。その水温は10度から15度程度の範囲であったといわれています。この後も水嵩は増え続け最終的には5メートル80センチ程度にまで水位が上昇するであろうと推測されます。 事故発生後に駆け付けた大勢の救出部隊はドナウの水の流れと水温の低さに行動を阻まれてしまいます。



内務大臣も出る騒ぎに



この日、内務大臣のSintorPintér氏も事故の一報を知らされ出動する騒ぎになっていると現地では報じられています。何故ならこの時点で同船に乗船していた客7名の死亡が確認されたからです。

この事故は当日夜のニュースでも報道されました。「出動した警察官や消防士らは乗組員2名と韓国人客33名の内、18名の安否を確認した。 内14人は健康状態を保っている。内1名は自力で川岸に辿り付いていた。内7名は死亡が確認された。内13名は現時点で行方不明扱いである。」と現地のM1Channel(M1 csatornán)が報じています。 

他国でもBBC News(英国)などがこの事件を大きく取り扱いました。 世界的に有名な観光地の事故という事もあり事故発生から僅か数時間後には世界に向けこのニュースが配信されたのです。



動画&画像 外部サイト URL 

 https://www.dailymail.co.uk/news/article-7084225/Boat-sinks-Danube-Hungary-34-board.html#v-445237835312444142


--以下加筆 (2019.06.03)--


ブダペストで韓国人観光客33人と乗員2名を乗せたマーメイド号が他船と衝突そして沈没した事件から一夜が明けても犠牲者の正確な数は判明していません。
現地時間5月31日時点で死者7名、行方不明21名という状況です。 7名は病院に搬送後6名が退院、1名はろっ骨骨折により病院に入院する事を自ら希望したのです。

この間、現地の警察は生存者らからの聞き取り調査も並行作業で行い事故の様子がだんだんと分かってきました。その証言によれば「マーメイド号は衝突から僅か7秒後に船体が横転し沈没を開始した」というのです。

衝突相手の船の船長はブダペスト警察により身柄を拘束され取り調べを受けました。

また、マーメイド号に乗船していた韓国人客全員が救命胴衣の着用をしていなかった事が事故を大きくしてしまった最大要因であると現地では報じています。その他にもこの韓国人観光客の一団はほぼ全員が中年以上の年齢層であった事も死者の数を増やした要因ともなったと現地では報じられてしまいました。 最年長は70代である事も報じられています。

また降雨の影響で川の水位は最大5メートル80センチにまで上昇すると予想された事から現地の捜索班は事故現場から川下に向かって30kmを捜索範囲と指定、その全域に捜索艇を派遣するのには更に数日を必要とし行方不明者の救出活動は難航を極めています。



Posted in ハンガリー
プロフィール

chopitonews

Author:chopitonews
海外の歴史的事件や重大事故を記録しています

最新記事