FC2ブログ

ソウル・日本大使館放火事件

07 19, 2019
2019年7月19日。まだ夜が明けぬ午前3時24分。 韓国人のキムはソウル市鍾路区(チョンノ区)にある日本大使館の入居しているツインツリー・ビルに辿り着きました。このビルには日本大使館が入居しているという事で警察が24時間体制で警備をしています。

しかし襲撃時間を考慮するとキム(78)は警察の警備が手薄になると考えたのか?この夜明け前の時間を襲撃時間として選びました。

彼が現場に乗ってきた白色のSUVは知人に借りた車でした。そのSUVをマンションの玄関前に停車させます。 その車内で持ち込んでいた大量のガソリンやブタンガスなどの発火物に着火しました。

次の瞬間、車内のキムは火に包まれます。



消火にあたる消防隊員


警備にあたっていた警察官らがSUVのウィンドウを割るなどして消火活動に当たり10分後、消火に成功します。そして車内から彼を救出、その後キムは意識を失っている状態で病院へ救急搬送されましたが上半身に2度の火傷を負っていました。



担架で運ばれるキム


病院では医師らが手当てを施しますが9時間後の12時57分、キムは火傷による呼吸不全が原因となり病院で死亡したのです。



消火作業と救出作業の為にウィンドウは破壊された 車の所有者はキムの知人


使用されたガソリンを入れたポリタンク2本、ブタンガスボンベ24本、ライター




警察が燃た車内を確認します。 車内の内張やシートなどは消失していましたが、そこにガソリンを入れたポリタンク2本とブタンガスのボンベ24本、そしてライターが残されており、それを証拠品として押収します。



車は前日、知人より拝借



警察がキムの家族や知人に情報提供を求めると「キムは18日に車を貸してくれとやってきた」との証言を知人より得ました。

この後、キムは19日の未明に自宅を後にして日本大使館が入居しているツインタワー・ビルに向かっていた事が確認されています。 

キムは移動途中で知人と通話を交わしていました。それは現場で放火する10分前の事でした。その際に「日本に対して反感の狼煙を上げてやる」と事件を匂わす内容を喋っていたそうです。

そのキムの家族は「本人は義理の父親が大戦中に日本に強制徴用されていたと話していた」と言います。

警察はこれらの証言から「キムは根強い反日感情を抱いていた。 しかし近頃、日本政府が韓国に対して行った経済報復との因果関係を示す証拠は見つからなかった。」と断言しました。

しかし事件発生当初、一部の警察関係者は報道陣の取材に対して「彼は先日の徴用工判決に不満を抱いた日本政府が韓国に対して行った輸出規制に強い不満を抱いていた。それが原因でこのような放火行為に出た可能性が高い。」という証言を行っていました。


Posted in 韓国
プロフィール

chopitonews

Author:chopitonews
海外の歴史的事件や重大事故を記録しています

最新記事