FC2ブログ

韓国未解明事件 セントラルシティ殺人事件

08 30, 2019
2008年初夏、韓国の首都ソウルで発生した殺人事件です。被害者女性は元夫に刺殺されてしまったのです。 この事件では死亡1名、重症1名の被害者を出しています。そして警察はこの犯人を捕らえる事ができなかったのです。



その男狂暴也



ファン・ジュヨン(事件当時33歳)は1975年、全羅北道南道に生まれました。学校を卒業後の彼は職を転々として暮らしていました。 そんなファン・ジュヨンも1997年22歳の時にキムさんと結婚したのです。





しかしこの結婚は長続きしません。その理由はファン・ジュヨンの暴力が原因でした。彼は妻に対して暴力を振るい続けていたのです。ファン・ジュヨンは妻キムさんを全裸状態でベットに縛り付け、レイプを楽しむなどの偏向した性的趣向を持っていたとされます。これらの家庭内暴力が原因となり妻はファン・ジュヨンと離婚する事を決意しました。 2003年の事です。



離婚、そして再婚、そして再離婚の繰り返し



一度は離婚した二人でしたがその後もファン・ジュヨンと元妻との関係は続いてしまいます。 そして3年後、ファン・ジュヨンは「もう二度と暴力は振るわないから」という約束をして別れた妻に求婚、元妻はそれを受け入れてしまいました。これが二人の悲惨な人生の幕開けとなってしまったようです。

再婚したものの二人の夫婦関係は上手く行く筈もなく、3年後には再び離婚する事を選択してしまったのです。

その再離婚の原因は前回同様にファン・ジュヨンの家庭内暴力でした。再婚したものの彼の粗暴な性格はなんら変わっていなかったのです。

そして2度目の離婚の際に別れ話を持ち出したのは誰あろうファン・ジュヨンその人だったと言われています。この頃、彼は別の女性Aさんと交際を重ねていました。

こうして2度目の離婚を行った二人ですが、ファン・ジュヨンはその後も元妻への接近を試みることになります。

Aさんと交際していたファン・ジュヨンでしたが、そのAさんに対しても暴力を振るう日々が続きました。 これに恐怖を感じたAさんは別れ話を持ち出しましたがファン・ジュヨンは激高します。 Aさんはファン・ジュヨンと別れた後、別の男性Bさんと結婚する道を選んだのですが、ファン・ジュヨンはその後もAさんに対して脅迫メールを送信し続けたのです。 Aさんは「ファン・ジュヨンが皆殺しにやって来る」と周囲に打ち明ける程怖がっていました。




高速バスターミナル事件



2008年6月17日の事でした。 ファン・ジュヨンは分かれた元妻との間にできた子供(娘)をネタに妻を呼び出す計画を実行します。

何も知らずに妻は瑞草区盤浦洞の江南高速バスのターミナルまで娘を引き取りに向いました。 ファン・ジュヨンはその頃、娘をトラックの助手席に乗せて高速バスターミナルに先回りして元妻の到着を首を長くして待ち構えていたのです。 この時の彼は変装する目的で鬘(かつら)を用意していました。

同日午後8時30分頃、元妻は危険を感じ取ったのか?恋人のCさん(34)を同伴して指定された高速バスターミナルに到着したのです。

それを見たファン・ジュヨンは隙を見つけて元妻らに近寄り、すかさずCさんに刃物を持って切り掛りました。 第一波の攻撃として10回も体を刺されたCさんはその場に倒れ込み反撃する意思さえ失せてしまいました。 Cさんはこの攻撃により重傷を負わされてしまったのです。

Cさんへの攻撃で勢い付いたファン・ジュヨンは元妻にも切り付けて来ました。ファン・ジュヨンは元妻の首に腕を回し締め付け、その体に刃物を18回突き刺したのです。 元妻はその場にぐったりとして倒れ込みました。辺りは二人の体から流れ出た血液で血の海と化してしまいました。

元妻キムさんは救急搬送されますが病院で死亡が確認されます。ボーイフレンドのCさんは集中治療室に運びこまれ一命を取り留めたのです。



ファン・ジュヨン逃亡



二人に対して凶行を行ったファン・ジュヨンは逃走を図っています。刃物を投げ捨てた彼はその場に7歳の娘を残して高速道路の横断を試みたのです。 これに成功した彼は追跡を遮断する事にも成功します。

翌日、ファン・ジュヨンは姉夫婦の所に電話連絡を入れて来ました。
「娘の面倒を見てくれ。自殺する。」

この電話は警察に逆探知されてしまいソウル新道林駅周辺から発信されていたと判明しました。

警察はその周辺の捜索を行いました。すると電話から1時間位後の事です。ファン・ジュヨンが地下鉄・永登浦区庁駅で電車に乗る所をCCTVに記録されていたのです。

追跡の結果、彼は永登浦区庁駅から江南駅に向かっていた事が判明しました。
その後も彼は地下鉄などを乗り継ぎ、最終的に安養ポムゲ駅周辺で姿を捉えられたのを最後に警察は彼の行方を見失ってしまうのです。

慌てた警察は指名手配書を作成し配布、公開捜査に切り替えますがその後も11年以上に渡って警察はファン・ジュヨンの追跡に失敗し続けて来ました。





所が韓国の名物TV番組「それが知りたい」がファン・ジュヨンの追跡番組を企画し調査を開始(2019年6月27日)するとファン・ジュヨンは他人の個人情報を悪用してインターネットカフェに会員登録を行っていた事が判明してしまいました。この時使われた名前が「イ・ポムジュン」という名でした。 また登録に使用された住民基本番号は実在する風俗嬢のものであるとも判明しますが、その風俗嬢の追跡には警察ですら失敗、身元を追う事が出来なかったのです。

ファン・ジュヨンが11年以上に渡って警察から完全に身を隠し通せたその理由は何処かにファン・ジュヨンを警察の追っ手から匿っている人物が存在している為と考えられています。



Posted in 韓国
プロフィール

chopitonews

Author:chopitonews
海外の歴史的事件や重大事故を記録しています

最新記事